FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019'04.11 (Thu)

新ブログ「今日も良いことがあるように」

新ブログ「今日も良いことがあるように」を作りました。
このブログは、メルマガ「心の糧・きっとよくなる・いい言葉」でお届けした記事から抜粋したものです。
懐かしい記事がありますよ。どうぞご覧ください。
こちらです。https://lucky.t-nakai.work/

9af5b9e62c5f14a3663369571fae49e4_t.jpg
08:00  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.25 (Sun)

講演「笑顔がもたらす親子の絆」

11月8日(木)、東京都世田谷区立八幡中学校で教育講演会をさせていただきました。 

テーマ:「笑顔がもたらす親子の絆」

役員の方が、そのご感想(アンケート回答)を送ってくださいました。
ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・先生のお話、「手を離せ、目を離すな」にとても感銘を受けました。
毎日の生活の中で、ちょっとした一言が幸福感を生み、子どもを成長させていくのだなととても参考になりました。
たくさんのヒントになるお話をありがとうございました。


・とても良い時間を過ごせました。
是非、今日から実践していきたいです。
読み聞かせの絵本もとても良かったです。


・言葉の大切さに気付かされました。
まず自分からいい言葉をいっぱい発していこうと思いました。
子どもにも大好きだよ、っと伝えたいと思いました。

・前向き(できる、やろう)、肯定的(いいね、そうだね)、感謝する心(ありがとう)…反抗期の子供と共にお互いに心がけるようにしていきたいと思いました。


・「続けて欲しいことは褒める。」この言葉は目から鱗、驚きでしたが、とても納得できるものでした。今日から子供を信じて、続けて欲しいことは褒める。を実践していきたいと思います。


・「自分の言葉の影響を一番受けるのは自分自身」だというお話、とても興味深く拝聴しました。
その上で、幸せになる口ぐせ、というのも具体的に教えていただき、こんな単純な言葉でいいのか!(いいね、そうだね、なるほど、幸せ、ラッキー、おいしい、楽しい、嬉しいなどなど)と思いました。

帰ってから試しにその日の会話の中でそれらの言葉を何回口にしているか、子供と互いにカウントし合ってみたところ、親の私よりも子供の方が自然に幸せな口ぐせをたくさん言っていたのも楽しい発見となりました。

「バカかあちゃん」の作文もとても良かったです。
よその家庭と比べるのではなく、子供が「将来私もこんな家族を作りたい」と思ってくれるような家庭を目指して、母親である私が笑顔でいられるよう、まずは自分が発する言葉から、意識していきたいと思います。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

八幡中学校の皆様、大変熱心に聴いてくださり、
また、すぐに実践してくださり、
どうもありがとうございました。

imagesCABF68CZ.jpg


15:40  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.14 (Wed)

絵本『もうひとりのはかせ』発行!

クリスマス劇でおなじみの名作が、待望の絵本になりました! http://www.t-nakai.com/hakase.html

救い主に捧げるため、自分の全財産を売って、三つの宝石を用意したアルタバン。

でも三人の博士たちに遅れてしまった彼は、ひとりで救い主を尋ね求めて、
33年間も放浪の旅を続けます。

途中で、困っている人たちのために大事な宝石を使ってしまい、
残りはたったひとつ。

老いたアルタバンは、とうとうエルサレムにたどり着いたのですが......。

アメリカの牧師ヘンリー・ヴァン・ダイクが、
マタイ福音書25章31節以下のメッセージをみごとな物語に形作った
名作『もう一人の博士』を絵本にしたいと願ってきました。

物語と大事なメッセージを幼児にもわかるような言葉で表し、
おむらまりこさんが幻想的な美しい絵を描いてくださり出来上がりました。

この物語は、年齢に応じて小・中・高校生にも、
大人にも深く感じ入るものがあると考えています。

宗派を問わず、どうか多くの方に読んでいただきたいと願っています。

hakase.jpg
詳しくはこちらをどうぞ
http://www.t-nakai.com/hakase.html
08:14  |  本の紹介  |  EDIT  |  Top↑

2018'07.18 (Wed)

電子書籍『人生で一度は読んでおきたい!偉大な人達の48の感動物語』 

電子書籍『人生で一度は読んでおきたい!偉大な人達の48の感動物語』 
発行されました!http://qq3q.biz/H6PM
これは絶版となっていた『人生がうまくいく48の物語』の電子書籍版です。

読むだけで、元気になれたり、逆境に負けず、成功に近づくヒントが満載の物語を48種類収録

<主な内容>
●第1章 プラス思考になれる物語
心が変われば人生は変わる
見方が変われば希望が見える
運は考え方で強くなる
掃除をするといいことがある
ピンチをチャンスにする

●第2章 夢をかなえる物語
夢を見続けよう。きっとかなう
小さなことを積み重ねることで大きな夢が実現する
夢をあきらめるのは、まだ早い
あきらめないで続けると夢はかなう
幸運は夢中でがんばる人にやってくる
目の前の大切なものと向き合えば夢はかなう

●第3章 逆境に負けない物語
どんなときでも希望を捨てない
希望は人生を照らす光になる
つらいときでも、人が人を支える
今できることを精一杯行なう
前向きな行動によって逆境は幸いに変わる
人の無理解や批判を気にせず、やり抜く

●第4章 成功をもたらす物語
習慣を変えれば成功できる
人間は、たいていのことができる
悩みは成長し成功するための活力源になる
家族愛があれば困難も乗り切れる
今日、今を精一杯に生きよう
あきらめない熱意をもつ

●第5章 人間関係を良くする物語
感謝に勝る良薬なし
願いを言葉にすると心が変わる
ほめられた人は成長する
いい香りのする親切をする
許せるように願う

●第6章 愛と豊かさを感じる物語
小さな仕事にも大きな価値がある
誰でも生まれてきた尊い価値がある
心に残る大切なものを
才能は誰にでもある
かけがえのない贈り物

48st.jpg
http://qq3q.biz/H6PM
15:16  |  本の紹介  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.19 (Tue)

平和の大切さを考えるクリスマス絵本 誕生! 

平和の大切さを考えるクリスマス絵本 誕生! 

この絵本は、1945年のクリスマス・イブの夜に、原子野となった長崎の街であった実話をもとにしたものです。

原爆投下後、浦上天主堂の瓦礫の中から掘り出されたアンジェラスの鐘が、戦中・戦後を通じて、初めて街に鳴りわたりました。

家族や家財産を失い、生きる望みや力をなくしていた人々が、この鐘の音を久しぶりに聞いた喜びはいかばかりだったでしょう。

この平和の喜びを伝える感動の実話を、永井隆の娘かやのの目線で描きました。

戦争の恐ろしさや悲惨さを知らない子どもたちや大人にも、「平和の大切さを考えるクリスマス絵本」として読んでほしいと願っています。

s_nagasaki.jpg

1945年のクリスマス
ながさき アンジェラスのかね


中井俊已 文/おむらまりこ 絵

<対象:幼児〜大人>
上製A4版 32頁
定価(本体1000円+税)
発行 ドン・ボスコ社 
13:47  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.10 (Thu)

『ねこ天使とおかしの国に行こう!』発行

『ねこ天使とおかしの国に行こう!』 (PHP研究所)
中井俊已著 木村いこ絵
http://www.t-nakai.com/nekotenshi1.html

この本は、一人の女の子のささやかな成長物語です。

   ケーキ作りに失敗して落ち込んでいる
   ゆこちゃんをねこ天使ニャルが
   おかしの国につれていきます。
   そこでは、ケーキコンテストが
   おこなわれていて・・・。

   さて、ゆこちゃんが教えてもらった
   ケーキ作りのヒミツとは?

子どもたちがワクワクドキドキしながら楽しく読める本にしたいため、
小学校教師のときの感覚で、子どもが好きなケーキを題材したり、
ねこの天使が登場したり、面白い脇役が登場したり、
様々な工夫をこらしながら書きました。

読み終わった後に、子どもたちが元気になり、
何か自分もがんばりたい!と前向きな気持ちになってほしいと願っています。

nekotenshi2.jpg
08:38  |  本の紹介  |  EDIT  |  Top↑

2017'05.19 (Fri)

講演:「子どもが将来伸びるために親が今できること」

昨日、5月18日、大阪府高槻市の青い鳥幼稚園で、教育講演会をさせていただきました。 

テーマ:「子どもが将来伸びるために親が今できること」

役員の方が、そのご感想(アンケート回答)をすぐに送ってくださいました。
ご紹介します。

yjimage2.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q.本日の講演会で、最も心に残った話は何でしたか?できればその理由とともにお聞かせください。

・「言葉には人を動かす力がある」。心で思っていても人は動かない。自分にゆとりを持って子どもの行動の裏にある気持ちに気付いてあげて、ほめたいと思いました。

・子供にとって良い言葉かけ、良くない言葉かけ。早くしなさいといつも言ってしまっているので、これからは言葉を変えて子供を伸ばしていきたいと思います。

・「子が幸せであれば大人も幸せ、大人が幸せであれば子も幸せ」。子育てを通して、親である自分も成長し、子どもに良い影響、親の成長を見せていけたらいいなと思った。

・夢の話です。作文のお母さんがとても素敵だと思います。考え方によって物事の見え方が変わることを改めて思いました。前向きに、感謝しながら、子どもの可能性を信じて子育てしていきたいです。自分の夢を見つけながら楽しく過ごしたいです。今日はとても前向きになる話をありがとうございました。

・「子どもへの声かけひとつひとつで変わる事」。何か特別な事をする必要があるのかな?と講演会に参加させていただきました。遠い昔ですが、自分が子どもの頃に感じた嬉しい言葉や楽しくなった言葉を思い出しました。

・言葉で人は動くこと。ほめてあげる事は大切だとわかっていても、いつ何をほめるかわからない時もありましたが、「続けてほしいことはほめる」「やめてほしいことは叱る」と教えていただいて、「なるほど」と思いました。簡単な基準を教えてもらえて良かったと思います。

・絵本がすごく印象的でした。怒ることも親なのでたくさんあるかと思いますが、その分ほめることもたくさんしてあげないといけないなと感じました。

・今日はためになるお話をありがとうございました。早速いいことノートを作ろうと思います。

・許し愛の家族のお話がとても心に残りました。どうしても家族の嫌な所を自分の気持ちが余裕がないときは許せなかったりするのですが、どんな時も家族のいい所を知って家族みんなで許し合い、笑顔の絶えない家族になりたいと思いました。初めての教育講演会でしたが、子育てにとてもためになった講演でした。ありがとうございました。

・言葉には人を動かす力があるという話。私自身も人からかけられた言葉で一喜一憂します。子どもに対しての声かけの時に気を付けようと思いました。前向きで幸せに生きてほしいと子供に対して思っているので、私が前向きな言葉を口癖にし、声かけできるようになりたいです。今日は本当に興味深いお話をありがとうございました。

・言葉がけが大事という言葉が最も心に残りました。普段、叱ってばかりなので、自分の言葉がけをかえないと思いました。

・泥水・きれいな水の話。言葉の力の影響は思った以上にあるんだなと思いました。きれいな言葉を子供に声かけしようと思っているのだけど、気付けば泥水のような言葉がけになって、日々反省しているので、胸に刺さりました。もっと前向きに肯定的な元気が出る言葉がけをしなくてまと改めて思いました。

・[教育・目的]についてのご講演が深く印象に残りました。子育ては育自なのだとより一層言い聞かされました。

・子が幸せであれば大人も幸せ。大人が幸せであれば子も幸せ。子どもと大人はつながっているということ。

・言葉には力があるという言葉です。いい言葉(人を成長させる言葉)、わるい言葉(人をダメにする、自分をダメにする言葉)。言葉の力で自分が一番変わるというお言葉です。中井先生のお話、わかりやすく、楽しかったです。とてもためになりました。幼少期、車酔いがひどく、一分以上話せず、先生になれないって言われたり・・・とおっしゃっていましたが、教員になり講演をされるに至ったエピソードをもう少し聞きたかったです。

・ほめることで子どもが幸せになり、自信を持てる事、子どもだけでなく親も子育てて成長しなければならないこと。ほめているつもりでしたが、叱っていることが多く、ネガティブな叱り方をしていることも多いと痛感しました。子どもが眠った後怒ってばかりでごめんねと謝っていました。目先のことに捉われず、大きな心で子育てを楽しみたいと思いました。毎日の忙しさの中で、子育てについてよく考える時間がありませんでしたが、愛情を持って日々過ごそうと思いました。

・言葉の大切さ。自分の言ったことは自分を一番動かす。ということが心に残りました。ほんの少しの言葉で性格から変えていけそうな気がして勇気づけられました。

・子供も大人も幸せになる3つの心。毎日忘れず、心がけて行こうと思います。

・毎日の言葉が与える影響がとても大きいことに改めて気づかされました。自分自身にもプラスになるように肯定的な言葉を使おうと思いました。ほめられると確かにうれしそうな顔をするし、それを見て親も嬉しくなるので大事だなと思いました。

・親が幸せであることの大切さが心に残りました。幸せ探しのパレアナは子どもの頃の愛読書で、懐かしくまたやってみようと思いました。先生の温かいお人柄に癒されました。ありがとうございました。

・子供は可能性に満ちているということと、心を変えるには言葉が大事ということです。3歳女児の育児に悩むことも多く細かい部分につい目が行きますが、先生のお話を聞いて、成長と共に変わることを信じて、プラスの言葉を投げかけ続けようと思いました。

・「おごだでませんように」という本のお話です。親の立場からその本を読むと子どもの表面上のことだけでなく、心の声・本質もちゃんと見てあげないといけないなあと思いました。かける言葉を変えるだけで言葉はこんなにも自己肯定感を持つんだな。言葉には力があるので、いい言葉をかけて行こうと思いました。

・笑顔を見せるということ。日頃忘れがちでいいことを思い出させてもらいました。

・ほめることの大切さ。紹介してくださった絵本の内容には深く考えさせられました。

・「幸せになる3つの心」が心に残りました。その3つの心をいつも心がけていたら、子どもの私自身も幸せになれると思います。

・子供の可能性を伸ばすために、先ずは「自分を変える」というのが印象的でした。そして「自分を変える覚悟が必要」ということがとても大事だと根本的なことに気付かせていただき、本日はとても良いお話が聞けて良かったです。ありがとうございました。

・ほめてもらえると頑張ろうと思える。笑顔を見せる。いつも怒られてばかりの子どもに「ママ、笑顔でいてよ」と言われたことを思い出した。

・元気になる口ぐせなど、毎日言っていきたいと思います。夢を肯定するという項目で紹介されていた作文の中のお母さんになれるような心がけをしていきたいです。

・小学生の作文とともに「自分の夢」のお話。お話の冒頭、どんな立派な専門職に就いているお母さんの夢がかなった話かと思っていたら、そうではなく、日常を特別なものと思える、平凡な私自身でもわが子を感動させことができると自信を持てました。「大人っていいな!」と思ってもらえるよう、私が毎日を楽しく気楽にいこうと思いました。中井先生の低姿勢(上から目線でなく)で、優しい話振り、実体験の内容でとても親近感を持てました。

・黄金水と泥水のコップの話。長女(小1)に怒ってばかりいると、長女が弟・妹に意地悪することがおおくなり、また怒りの悪循環。

・親である私の言葉や言動が子どもに良くも悪くも働いてしまう、ということです。自分があまり意識せずに、否定的な言葉を言っていることも多いので、先ず肯定的な言葉を口ぐせにしようと思いました。

・子供に対する言動を見直す良い機会でした。子どもを変えるにはまず自分が変わる事を実践したいと思います。

・「当たり前のことに感謝する」。産まれた時はそう思っていたのに、いつのまにか忘れていました。今、そばにいてくれているだけでありがたいのに、どうしてもできないことにイライラして、まさにガミガミ毎日言っていて、先生の話に頭が痛かったです。まさに、今朝、検尿のおしっこが取れずに「何でできないの!」とやる気をさらにそぐ言い方をしてしまいました。でも、苦手な事、不得意な事もいつかできる可能性を秘めているし、変われると親である自分が信じてあげなきゃいけないと思いました。

・「言葉の力は強い」。普段の声かけや、元気づける言葉等、勉強になりました。

・子が幸せであれば大人も幸せというのは実感できますが、親が幸せであれば子も幸せというのは、あまり考えたことがなかったです。

・これからも、小さな夢を持って、叶うように小さな努力を楽しもうと再認識しました。子どものために今できることの8か条は人として大切な心がけだと思う。以前は叱ってばかりでしたが、子どもが非行に走ると困る!と思いながら、抱きしめ、ほめて行くと自然と肯定的なことばがけができるようになったため、叱ることが減少しました。すごく共感でき、勉強になりました。

・幼稚園が始まり子どもをせかすことが多く、のんびり、やさしくということを忘れていました。今回少し先を見ることで、今ももう一度考え直せてよかったです。笑顔、肯定的な言葉がけなど、毎日大切に生活していきたいと思います。ありがとうございました。

・元気が出る口ぐせを意識して使うようにしようと思いました。つい、否定的な言葉を言ってしまっていました。確かに、言われた子どももいやだけど、言っている私も、嫌な気持ちになっていました。言葉は人の心を動かすというのは本当だなと思いました。

・教育・子育ての2つの目的は、子どもが自立し幸せになる事、これは分かっていましたが、そのためにどうすればいいかは手探りでした。親も成長し、幸せになること、子が幸せであれば大人も幸せは分かっていましたが、大人が幸せなら子も幸せなのは目からウロコでした。明日から幸せであることをもっと子供に伝えよう、もっと笑顔を見せようと思いました。

・前向きな心と肯定的なこころ。子育てをしながらなかなかその余裕がなく、この講演会を聞いて、少しプラスな気持ちを持って前に進んでいこうと思いました。

・言葉の重要な点、話、コップの例、子どもの存在自体を感謝する、初心を改めて思い出し考えさせられた。

・子供が幸せになるためには、親が変わらなければならない。自分が忙しいとき、具合が悪いときに学校のことなど話しかけられるとちゃんと話を聞かずに返事をしてしまうことがあります。これからは気を付けて子どもと接したいと思います。

・「おこられませんように」の絵本の話は、上の子にいつも怒ってばかりの自分と重なり、最後は涙が出ました。どの話も、今、子育てで息づまっている私の心に響きました。

・黄金の水のコップと泥水のコップ。コップからあふれた分は他人や親に向かうという部分がわかりやすく、印象的でした。

・自分の何気ない口ぐせが子供に影響があるということも改めて知りました。子どもをもっと褒めてあげたいとおもいました。自分も幸せになろう!!と感じました。


・感情的に怒ることも多く、そういう時は否定的な言葉を使ってしまうことがあります。と同時に子どもにどうして1回でわかってくれないの?と思ってしまっていましたが、もっと子供がやる気の出る言葉で話すこと、私自身がハッピーになれるようにすることで感情的に怒ることも減るんだなと改めて考えることができました。

・肯定的な言葉を子供にかける事、子どもの可能性を信じる事、大切な事だと思いつつも普段どうしても悪いところにばかり目がいってしまいます。元気が出る口ぐせを意識して声に出すようにしたいです。

・「心の中にある2つのコップ」のお話がとても心に残りました。どちらのコップもあふれると友だちや親に向かっていくということにハッとしました。親も子も素敵な言葉でコップを溢れさせられるよう意識したいと思いました。

・中井先生の優しい語り方で、大事なことが心にスーッと入ってきました。子どもに叱っている時に、「お母さんの笑顔をみせて」と言われた時のことを思い出しながら、お話をお聞きしていました。今日から実践できるお話を伺えて本当に良かったです。ありがとうございました。

・親子表裏一体という話。笑顔でいる大切さ。

・子が幸せであれば大人も幸せ。大人が幸せであれば子も幸せという言葉が心に残っています。笑顔は愛情や勇気を与えるを心にとめて、日々暮らしていければと思いました。

・親子は表裏一体。言葉を大切にする。続けてほしいところをほめる。今後、気を付けていきたいと思ったことなので。とても勉強になりました。ありがとうございました。

・「子供のために親が今できること」を1つでも実践するということ。実践しないと何も変わらないと思いました。

・子供を毎日ほめる。ほめ方を教えていただき、どうほめるか、参考になりました。

・「子が幸せであれば、親も幸せ、親が幸せであれば子も幸せ」という話が心に残りました。気持ちに余裕がない時は、感情的になる事もあるけど、なるべくそうならないように、幸せであれるように心がけようと思いました。

・口ぐせの話。毎日忙しくて、つい悪い方の口ぐせがよく出ます。親も子も良い口ぐせを言う事で親も子も楽しい毎日が遅れるのだと気付かされたので。

・すべての内容が良かったですが、絵本「おこだでませんように」のないように涙が出そうになりました。いつも息子に怒ってばかりなので、かわいそうになりました。ほめてあげようと思いました。中井先生の本を読みたいと思いました。

・心には2つのコップがある。周りに対する子どもの態度が目につくようになっていたので、まさに、このことだと気付かされました。とてもためになり、すぐに実践できることばかりだったので、とても良い機会をいただき、ありがとうございました。

・頭では分かっていても、肯定する、認めるということは難しいと思うのですが、そのプロセスをひとつひとつ丁寧に伝えてくださっってよかったです。なかなか実行できないことが多いのですが、良いことを書きとめるということはやっていきたいです。

・先生が最後に紹介された作文に感動してしまいました。私もそんな温かい家庭を築いていきたいです。たくさんのヒント、心にひびく言葉をいただき、貴重な時間になりました。ありがとうございました。

・ボタンの話。とても共感しました。実際に今まさしく3歳の娘が挑んでいること、頑張ってやってみようと思うこと、できなくて泣きながらも怒り、一度ぐずりながらも、できた瞬間の嬉しそうな表情。母のほうが嬉しくて、娘を抱きしめて喜びを分かち合っています。親だったとしても人間です。毎日ニコニコしていられないこともありますが、大人も子供も一人で抱え込んだりせずに、外に出て、色々な人と出会い、美しい物をみたりして、たくさんを学んでいけたらと思います。中井先生の声音も心地よく、お話も為になり、共感し、楽しかったです。ありがとうございました。

・普段の生活の中でもマイナスの言葉が口癖になっていることに気がついたので、プラスの言葉に変えれるように心がけて行こうと思った。言葉かけ1つで嬉しくなったり否定的になったり、言葉の影響力を改めて認識した。親も子も幸せになれるように笑顔を心がけたいと思います。

・親が幸せであれば子どもも幸せである。子育てを通して親も人間的に成長し幸せになるという事。最近、やんちゃになってきて、叱ったりすることが多かったけど、私自身も明るく前向きに子育てしていこうと思いました。

・すべてのお話が印象的でしたが、先生の子どもの時のお話が特に心に残りました。小学生の男子がいるので、日々決めつけていることを反省しましたし、これからは、可能性を信じてあげたいと思いました。素晴らしいお話を聞かせていただき。ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

青い鳥幼稚園の皆様、大変熱心に聴いてくださり、
こちらこそどうもありがとうございました。

yjimage.jpg


19:42  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑

2017'01.12 (Thu)

『歴史をつくった偉人のことば366 新装版』

『歴史をつくった偉人のことば366 新装版』(WAVE出版)発行
http://urx.red/AfGZ
一日一話、誕生日別。366の言葉(名言)とお話です。

内容紹介から・・・

未来をつくる子どもたちへ
偉人たちから毎日ひと言、勇気と知恵のプレゼント

毎日たった1ページ読むだけで、偉人がつくったあらゆる歴史と、
人類がつみあげてきた知恵が学べます!

1月1日~12月31日まで誕生日ごとに、
歴史を変えた古今東西の偉人が登場。

偉人が残した名言・金言をとりあげるとともに、
偉人の功績・生涯を紹介する。

偉人の名言本・偉人の伝記・誕生日大全の面白いところをまとめた、
もりだくさんの内容。

という、図書館・学校向けに作られた本です。

第10回「日本e-Learnin大賞」(主催:日本工業新聞社、後援:文部科学省
、経済産業省、総務省、厚生労働省)を受賞した学習ソフト「天神」の
「偉人の部屋」を書籍化、大幅に修正・加筆したものです。

366.png
『歴史をつくった偉人のことば366 新装版』
http://urx.red/AfGZ

09:10  |  本の紹介  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.05 (Mon)

夢かなえ塾「絵本に生き方を学ぼう」第2回

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

夢かなえ塾「絵本に生き方を学ぼう」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



12月4日(日)夢かなえ塾では、「絵本に生き方を学ぼう」がテーマでした。

ご参加くださった方、ありがとうございました。


以下、参加したくてもできなかった方のために書きます。


ご紹介した絵本は、私からは4つでした。

全部、夢の実現に関係するものです。


◆『ヘレンケラーのかぎりない夢』
 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯の伝記絵本


◆『よかったね ネッドくん』
 特に男の子に人気のネッド君の幸運・不運の大冒険


◆『クリスマスのうた ものがたり』
 クリスマスキャロル「きよしこの夜」の誕生物語


◆『3本の木』
 教会のクリスマスや復活祭で、幾世代も語り継がれてきた民話



これらを読んで、参加者で、どんなことに気づいたかを語り合うと、
学ぶことが少なからずあります。


早速、ご感想を送ってくださった方がおられます。

(少し割愛しましたが、長文です)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★Aさんから

本日は本当にありがとうございました。

先生に久しぶりにお目にかかれ、そして素敵な皆さんとのご縁を頂戴し、
ものすごく楽しくて、そして深い、最高に幸せな時間でございました。

永遠の一瞬、広大な宇宙の一点でしかないあのお部屋の小さな空間と時間が、
無限に豊かな愛と光に満ちていました。

帰り道、心はホカホカに温かく、少し雨に濡れながらも気分が高揚して、
そんなことはまったく気にならないほどでした。


絵本の感想も5人5様で、
自分にはない新鮮な視点にハッと気付かせていただいたり、

「子供心って素晴らしいな」と改めて感動したりと、
それぞれの方の優しいお気持ちに触れ、
本当にたくさんの愛を心にいただいて帰ってまいりました。

ありがとうございました。


穏やかで繊細な雰囲気がとても素敵なKさん、
さすが塾の先生、一本筋が通り清々しく凛とされたIさん、

「こんな優しくキレイなお姉さんが病院の受付なら、
病気でしんどい子供たちもハッピーだろうな~」
と思わずにはいられないHさん、

お目にかかれて大変光栄でございました。

そしてすべては先生の素晴らしいお人柄があってのことと、
深く深く感謝いたします。


常に神様の視線を感じながらも、
「これで良いのかしら?」と自分を役立たずに感じ、
至らなさに恥じ入る毎日でしたが、

先生の「人のために行動していれば、
神様がインスピレーションを与えてくださる、
大きなプレゼントがある」というお言葉を心に刻み、

良い意味でいつまでも子供心を持って、
どんな時にも愛してくださる神様のお声に耳を傾け続けようと思いました。


最後に、AMIRA のアヴェマリアをお楽しみください。
彼女は本当に天使のようです。
https://www.youtube.com/watch?v=IMY5PCCjdlE&index=15&list=RDtEImCJWI_ak

それでは、どうぞ素敵なクリスマスをお迎えくださいませ。

世界中のすべての人が幸せでありますように。
ありがとうございました。                A

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Aさん、どうもありがとうございました。

「無限に豊かな愛と光に満ちていました」と感じられたのは、

Aさんの心に神様の愛と光が降り注いでいたからではないかと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★Kさんから


今日も素敵なセミナーを開催していただき、ありがとうございました。


最初参加者が4名とお伺いし、少し寂しいなと思っておりましたが、

絵本をたくさん読んでいただけ、皆さんの素敵な感想を聴くことが出来、

寂しいどころか内容の濃い充実した時間で
2時間があっと言う間に過ぎてしまいました。


また、今回は最初から机の配置がロの字だったので、
絵本の気づきの発表の時も皆さんのお顔が見えとても良かったと思います。


先生のセミナーを受講していつも思うことですが、
中井先生のお話が良い事はもちろんのこと、

中井先生が受け止めてくださる安心感と
参加者の皆さんもとても良い方ばかりで、安心して発言することが出来ます。


また他の参加者の方のお話から学べることが多いこと、
気持ちを新たに明日からまた自分のペースで頑張ろうと思えること、
そんな素敵な機会を与えて下さった中井先生に感謝です。


今日のセミナーで

「夢を諦めずに人の為に行動していると、神様からのギフトがいただける」

と先生が仰ってくださったので、

改めて自分の夢を諦めずに今自分に出来ることを頑張っていこうと思いました。

まだ神様が私に与えてくださっている使命が何かは分かりませんが、
今与えられている事を心を込めて行っていると、

『3本の木』のように最後には夢が叶うと信じ、行動します。


そして、素敵なお話の数々の読み聞かせ、ありがとうございました。

中井先生の話すお声はとても暖かく心が落ち着きます。

4作とも今迷っている私の心に響き、とても勇気づけられました。


プレゼントして戴いた『マザー・テレサ-愛と祈りをこめて-』には
嬉しいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。

そばにいる人すべてに微笑み、愛したいと思います。

微笑みを忘れそうになった時の私を助けてくださると思います。


今年は1月の「夢かなえ塾」に始まり、
今回の「夢かなえ塾・第4回」で一年を締めくくることが出来、
とても有難い一年でした。ありがとうございます。

おかげさまで1月のセミナーで書いた小さな夢は
ほぼ叶えていただくことが出来ました。

最後になりましたが、「ねこ天使とおかしの国に行こう」の発売、
心から楽しみにしております。
                               K

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kさん、どうもありがとうございました。

「1月のセミナーで書いた小さな夢はほぼ叶えていただくことが出来ました。」

嬉しいことです。本当に良かったです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私もこれらの絵本、参加者の皆さんから、
たくさんのことを教えていただいています。


たとえば、私が話したことを、Aさんは、

「人のために行動していれば、神様がインスピレーションを与えてくださる、
 大きなプレゼントがある」

と受けとめ、Kさんは、

「夢を諦めずに人の為に行動していると、神様からのギフトがいただける」

と受けとめてくださいました。


そう願いながら行動している私にとって、これは真実です。

真実は、言葉や絵を通して、人の心に届く。

そんな当たり前のことを感動と感謝をもって何度も学んでいます。


どうもありがとうございます。




★きっとよくなるヒント★

             感動と感謝をもって学ぶ。(^.^)

images4DC92G71.jpg
17:24  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.07 (Fri)

9月30日(金) 兵庫県川西市で「思春期の子どもの気持ち・親の対応」の講演

9月30日(金) 兵庫県川西市で「思春期の子どもの気持ち・親の対応」の講演をさせていただきました。
主催は、清和台小学校区人権啓発推進委員会 ・清和台南小学校区人権啓発推進委員会のお母さんたちです。

すぐに感想アンケートのまとめたものを送ってくださいました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
2016年 人権講座アンケート 感想

先生のお話はもちろん、15 歳の少女の手紙やゆう君の夢の作文、おごだでませんようにバカ母ちゃん…など全て良かったし、参考になりました。誰かのものさしや目線で自分を好きになるのではなく、自分のものさしで自分を受け入れ愛せるのかなと感じます。信じると見守れる…こどもを信じていきたいです。ほめてあげたいです。(40 代女性)

今日帰ってから子供への対応が変わると思います。きっかけができました。(40 代女性)

わかりやすい言葉でお話してくださってよかったです。
とてもいいお話しでした。絵本の読み聞かせに涙がでました。(50 代女性)

今日の講演で勉強になりました。非常によかったです。ありがとうございました。(70 代女性)

子供との交流、毎日の生活をあらためて色々気づかせてくださり今後子供との関わりに生かせます。(70 代女性)

生まれてきただけでOK、初心に帰って子育てができそうです。
「おこだでませんように」でほろり、「ばか母ちゃん」でもほろり、心が温かくなりました。
ありがとうございました。(40 代女性)

とてもわかりやすかったです。いいお話を聞けて参加してよかったです。
じぶんのできることから少しづつ実践できればとおもいます。(40 代女性)

子供をほめたり、励ましたりしていても親の私が自分の過去を肯定し、夢を持つことがで
きていない事に気づかされました。具体的な言葉を教えて頂けてよかったです。(40 代女性)

子供は居ないが、今後の後進の指導をするうえで役に立つ考えを学べた。(20 代男性)

子供たちも50 歳近くなるが教育課程であまりほめてやる言葉をかけていなかったと反省
“やってみせ、言って聞かせて、させてみてほめてやらねば人は動かじ“教訓にします。
(70 代男性)

子供はほめて育てる。という自分のスタイル、これでよかったんだと自信がもてました。
あと、自分の口癖を見直そうと、気づきを与えてもらってよかったです。(30 代女性)

自分を見直す機会になりました。(40 代女性)

一番印象に残ったお話しが「バカ母ちゃん」の作文のお話でした。お互いを認め合い愛情いっぱいの家庭の様子が伝わり涙がでてしまいました。中井先生のメルマガさっそく登録させていただきます。(40 代女性)

普段の生活に余裕がなかったなと思い直しました。笑顔でいなくては!!と思います。
「なんとかなる!大丈夫!」という気持ちで頑張ろうと思います。
先生の人柄や花の写真に癒されました。心がかるくなったように思います。(40 代女性)

おはなしに聞き入ってしまいました。できることからひとつづつやっていこうと思いました。(30 代女性)

先生の話し方が優しくていやされた。(30 代女性)

興味のある内容だったので、最後まで楽しい講座でした。また参加したいです。(30 代女性)

以前も参加させていただきましたが、見直すきっかけになります。温かい気持ちになりました。(40 代女性)

絵本の読み聞かせがとてもよく、涙が止まりませんでした。途中から自分のことにも置き換えてしまい、深く考えさせられました。大人でもいつでもほめて欲しいものですね。お母さんたちは日々手探りで子育てしています。その為の教育や指導があるわけでもないので、とてもいいお話が聞けて良かったです。(30 代女性)

とてもやさしい気持ちになれて、子供と向き合えそうです。(30 代女性)

ちょうど思春期のこどもがいるので、とても参考になり今日から実践してみようと思います。(40 代女性)

言葉で人は変わるとおっしゃっていたのがとても響いてきました。
もっとあたたかい言葉で子供たちに接していきたいとおもいます。
メルマガもいつも楽しみにしています!(40 代女性)

子供の口癖が毎日のように「どうせ」と否定的だったので、どう対応していいかわからな
かったが、お話の中でいいヒントをいただきました。(40 代女性)

本ももちろん良いですが、直接お話がきけてより心にしみました。
清和台に何度も来ていただけると嬉しいです。(40 代女性)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

以上、多数の感想をアンケートにご記入いただきました。
川西市清和台の皆様、どうもありがとうございました。
できれば、また伺えればと思っています。

rindo.png
川西市市花 (りんどう)

19:49  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT