2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010'11.26 (Fri)

倉吉市での講演『思いやりのある家庭や社会のために』のご感想

10月16日の倉吉市での講演『思いやりのある家庭や社会のために』
(倉吉市更生保護女性会・鳥取県男女共同参画センター主催) 
のご感想を担当者の方がお送りくださいました。


そのままご紹介します。


記念講演会『思いやりのある家庭や社会のために』感想

◎   合掌
     ありがとうございます。

     先日は遠方から私達、倉吉市更生保護者女性会のために
     すばらしい講演をしていただき、本当にありがとうございます。
     皆様、感動、感激、感謝いっぱいでした。

     ありがとうございます。
     ありがとうございます。

     幸せをありがとう。

上灘      宮本 明子
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 講演会の案内を頂き中井先生のお話が聞けたこと、大変うれしく思いました。
 3つのしつけ: あいさつをする。 返事をする。 脱いだ靴をそろえる。
 そうですね。 本人自身も気をつけないといけないと思います。
 思い当たる所がたくさんあって、何事も前むきでそして笑顔で毎日すごせたら楽しいですね。
 先生に読んでもらった読み聞かせ「おこられませんように」 
 なんだか私に読んでもらっているようで涙が出てしまいました。
 よかったです 本当に。

  小学生の孫やもうすぐ3才になる孫を時々あづかります。
 別々に来る時は少しゆっくり見てあげれるのですが2人、3人となると
 私自身がパニックになることもあります。一人づつが自分を見てほしいのがよくわかります。
 先生の話の中でたくさんの子どもさんをもっておられる方の話を聴き、私に出来る事を
 ゆっくり あせらず、おこらず(必要な時はそれなりに)を心がけ、上手には出来ませんが
 共にすごしたいと思います。
            上北条      一般
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 中井先生の講演を聞きながら、
 「 その子、その人のいいところ、持っているものを素直に受止める」事が大切
 ということを気づかされました。
 私は、自分自身が心のゆとりがもてず、”こうして欲しい!
 『こうするのが正しいよ!』とあせって、どなることもしばしばです。

 主人(70歳)と私(67歳)の二人で、小学生低学年の孫を放課後預かっていますが
 孫が居てくれるからこそ、今の子どもたちの暮らしにふれることが出来て
 幸いだなぁ・・・・・。と喜んでいるこのごろです。
 子どもは正直で年寄りが負かさせるくらいものごとをよく(しっかりと)みていると驚かされる日々です。
 あと数年で、我が家に来る事もなくなると思うので、一緒にいれる今を
 遊び相手になって過ごしたいと思います。
 (時々は叱ることも、ほめることもしながら・・・・)
 『バカ』を出せといわれたら、主人と2人が(じじバカ、ばばバカなので)
 すぐに飛んででようでぇーーー!!! といつも笑っています。

          上北条    生田 百合子
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 中井先生のお話を聴いて、
 原点に戻って笑顔を毎日忘れずに生活をしていきたいと思いました。
  今日本中が虐待を大きくとりあげ子どもが危険にさらされているのを聴いて、
 みんなが悲しい気持ちになっています。中井先生の優しい気持ちを聴いて
 多くの人が、地域に、家庭に笑顔のあふれる毎日を送れるように願っています。

          灘手    伊藤 美代子
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ 先生、先日はステキなお話の種がいっぱ~い のご講演ありがとうございました。

 あっという間の楽しい時間でした。

 テーマにもあった「思いやり」という言葉を
 たくさん耳にしましたが、
 「思いやり」は「愛」そのものですね。
 「思いやり」って特別の存在じゃなく、
 誰の心にも大切に温められている!

 お話の中で学んだことを
 子育てに限らず、出会う人に
 「思いやり」の心として、
 遣い和えたら最幸ですよね。


 さだまさしさんの「奇跡~大きな愛のように」
 とても感動しました!
 (家でもyou-tubeで聴いています~♪)

 ♪~「あなたの笑顔を守るために 多分僕は生まれてきた」
 このフレーズが心に染みました。

 子どもたちの笑顔見てるだけで、ほんと幸せいっぱいです。

 当たり前の毎日がいちばんの奇跡であり、
 “たからもの”なんでしょうね、きっと。


 先生、本当にありがとうございました。

 また機会がありましたら、是非倉吉にいらしてください。

             一般    田中 美由紀
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 時を忘れて聞き入った1時間30分でした。
 私などよりはるかに若い先生が、多くの苦しみや悲しみもこえてこられたでしょうに、
 終始笑顔で私たちをはげまし続けて下さっているようでした。

 聞きながら40年近く前の、苦虫をかみつぶしたような私の余裕のない子育ての
 日々を思い出していました。
 勤めていた学校でも「 杉バア、何でいっつも怒っとるーー? 」などと言われました。
 いっつも怒っているつもりはないのですが笑顔とはほど遠い70年が過ぎてしまいました。
 先生がいつも子どもたちによりそい、子らの父母、家族への思いに心を傾け
 周りの方々に優しく共感をされながら生きてこられたわかりやすいメッセージを
 思い出しています。

 わが息子たち、あまたのいまは立派に成人された生徒たちにわびながら
 のこりの日々を、それでも少しは自分も道目、受け入れながら歩みたい
 と思いました。ほんとうにありがとうございました。
 
            上小鴨        杉原 至恵  (元 教員)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 本当にすばらしい講師をよんでくださったこと 嬉しく思いました
 久々に暖かく気取らずさわやかな講演を聴きました。
 先生のお話の中に、1年生担任の時の子どもへの対応の仕方の
 実例を挙げて話してくださいましたね。

 ”そうか”と思うと同時に、中井先生には現場で子供達にずっと指導していただきたかった、
 何故おやめになったのだろう、と、はがゆく思いました。
 現場で子供達の指導、仲間の教師の指導、保護者の指導者として
 実力を発揮していただきたかったと強く思いました。
 宮本さんが間違えてボタンを押して音が出てしまったときの先生の対応もよかったですね。
 人柄がしのばれました。

             明倫        長谷川 文子  (元 教員)
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 子育ての話のようでしたが
  聞いている方々は孫育ても終わっていそうで、わたしも含めて興味があるのかなと思っていました。
  でも聞いているうちに、自分の子育ての反省をしつつ、子育ては自分育てでもあるな
  と思いました。 子育てを終え、仕事も辞めたいま、次は何をすべきかと迷っている中

  ① 人生を前向きにとらえ
  ② 自分の行動を肯定しつつ
  ③ 回りにに感謝して生きる

  と言う、先生の言葉が すっと入って来ました。
  そうだ、そうやって自分を育てていけばいいんだ と思いました。

             社         津村 悦子
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 記念講演で 『 思いやりのある家庭や社会のために 』を聞かせていただきました。
  幼児期の親の関わり方で、青少年の心の発達、問題行動に大きく影響があること。
  そんな子育てのヒントが・・・・・ 
  子育ては『 小事は大事 』 ボタンを止められない子がボタンを止められるようになる、 
  そんな小さな積み重ねが大切とのこと。
  教育会で継承されている 3つのしつけ 
  ① あいさつ
  ② 返事
  ③ 履物をそろえるととの大切さを教える。
  子育ての2つの目的
  ① 子どもが社会で自立できて幸せになること。
  ② 親、教師が子育てを通して、人間的に成長し
    子どもが幸せなら親も幸せ

  そこで好感度をアップする3つの心
  * 前向きな心 (できる、 やろう)
  * 肯定的な心 (いいね、 そうだね)
  * 感謝する心 (ありがとう、 おかげさま)

 子どもを伸ばす7つの秘策
  ① 元気がでる口ぐせ
    「できる」 「やろう」 「いいわ」 「ありがとう」 「おかげさま」 「うれしい」 
    「楽しい」 「しあわせ」 「ラッキー」 「大丈夫なんとかなる」
  ② 子どもを毎日ほめる
    「早いね」 「ちゃんとできたね」 「大丈夫」など肯定することば
  ③ 愛を伝える言葉
    「大好きだよ」 「いつも愛しているよ」
  ④ 夢を肯定する
    子どもの夢、自分の夢、人の夢 (大人っていいなと思わせる)
  ⑤ 毎日喜びを見つける  熊本の岸田さんの 「よかったノート」の紹介  
  ⑥ 身近な人や小さなことに感謝する。
     ありがとうを口ぐせにする。そして『こじきの天使』の本の紹介があった。
  ⑦ 人に喜びを与える。
    誰でも何かができる。笑顔や思いやり。

    本や作文等の紹介もあり 読み聞かせで親子のふれあいが大切

   最後に ほめ方、叱り方の原則
    * 続けさせたいことは ほめる
    * やめさせたいことはしかる   
    誉めてもらうことで力がわいてくる

    『 いいと思うことが笑顔になるのではない、笑顔だからいいことが起こる 』
     
   たくさんの心に残る言葉がありましたがこの言葉が好きです。
   いくつかの絵本の紹介もありました。なかでも 『おこられませんように』
   小5の作文で 「わたしのかあちゃんバカ母ちゃん」は明るく楽しい家庭、許しあい
   認めあっている様子が伝わって来ました。

   中井俊已先生の講演を聴いて子育てのポイントを聞き、このことなら私にできる。
   こんな言葉かけなら私にもできると思いました。
   青少年育成、民生主任児童委員活動にも活かして行きたく思いました。

             関金       鳥飼 育子
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎  子育て真っ最中のわたしにとって、このたびの講演はまさに聞きやすく
   参考になる話を聞くことができ参加させて頂いて良かったです。
   また、更生保護団体が子育てに関する講演を企画されたという事もとても有意義で
   あったと思います。
   講演では様々なエピソードを聞かせていただきましたが、中でも 『大人っていいな』
   と子どもにつぶやかせた親子の会話のお話が印象的でした。
    世界で活躍するイチロー選手のように大きな夢を見せる大人の存在も重要ですが、
   児童虐待や不況などの社会不安が蔓延する昨今において、身近な大人たちの心持ちや
   温かな言葉かけが子どもの心や夢を育むのだと気づかせていただけました。

             関金        小谷 鈴子
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◎ 『おもいやりのある家庭や社会のために』の演題で学ばせていただきました。
  私は83歳になりましたが、忘れかけていた事を思い出させていただきました。
  我が家は現在9人家族でございます。85歳を筆頭に下は1歳の年齢のあつまりです。
  よい日もあれば、悪い日もあります。そんな時、とてもよい話を聞かせていただき、速、
  実践あるのみと実行させていただきました。くよくよ考えても昨日は2度と戻ってくる事は
  ありませんし、明日はそのときがくるまでは不確かな未来でしかありません。だから今
  聞いたよい事は早速 実践しなければと 子、孫、曾孫達に お習いした7つの項目の
  よい言葉かけを、心がけ実践にうつしました。そして道徳に外れた事はしっかりと
  叱りましたところ、私も相手もしぜんと笑顔になり、心豊かになりました。
  このおかげさまで笑顔の実践が続き そのときその場が楽しくすごせるようになりました。
   忘れかけていた日常生活を指導していただき心から感謝しております。
  我が家だけではなく 外に向けても、人の幸せのためにも少しでも働きかけが
  できますように、今を大切にしてゆきます。心からありがとうと申し上げます。
  またお目にかかれますように祈っています。

             上灘         手嶋 八重子
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ うれしいから笑顔! 笑顔をしていればうれしくなり、楽しいことが集まってくる。
  中井先生の講演の言葉に感動!!! 帰ってから友達にはなしました。
  友達とまた一緒に幸せなひとときをありがとうございました。
   
             上灘          会員
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ 孫のことで悩んでいた時、中井先生の講演を聞くことが出来ました。
  本を4冊買い求めて帰り、娘もとても喜んでくれました。ありがとうございました。

             上灘          会員
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ 久しぶりに感動する講演を聞きました、もっともっと若い人に聞かせてあげたかった。
  講演を聞くことが出来た私たちは幸せでした。

             上灘          会員
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ 中井先生の講演をお聞きし、毎日の当たり前の事が今の家庭では抜けている
  と言う事を痛感しました。 
  あいさつ、礼儀、感謝、等これらを日常化し、各々の家庭で構等すれば、おのずと
  学校も、社会もよくなると思いました。せんせいの『ラッキーさん』の本を読んで
  笑顔の周りには笑顔が広がると、孫と一緒に話しました。
  孫育ての最中の私にとって本当に心に響くお話で、心が暖かくなりました。
  ありがとうございました。

             上井           石田 美智
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
◎ 講演会当日 私たち更女が会場の準備をしていましたが、先生もイス、机などを
  並べて手伝ってくださったのが印象に残っています。
  私の子育てには少し遅すぎましたが、娘たちの子育てに
  ① 3つのしつけ
  ② 子育ての2つの目的、
  ③ 子どもを伸ばす7つの秘策
  を教えておこうと思いますし、地域の子育て支援にも伝えて行きたいと思います。
   更女も『小さなことの積み重ねで大きく成長する』と、小さなことから始めて
  地域活動にやくだてたいと思っております。
  大変すばらしい講演をありがとうございました。

            小鴨           桑本 恵美子
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ 中井先生の子育て講演会はこれまでにない心温まる数時間でした。
  感謝申し上げます。

            成徳            牧野 洋子

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ もっともっと聞きたい!!! そんな講演会でした。
  講演会で聞いてくださったみなさんからの声です。 
  私も先生とメルマガを通じて すばらしい講演をしていただき 感謝感謝でいっぱいです。
  そしてテープ起しが出来なかった分 みなさんがしっかりと止めてくださった事にも感謝。
   
  もっと早くに お届けしたかったのですが、私事ですが浅井が5日に倒れ入院加療中、
  なかなか早くには成りませんでした。 病室に付き添う時 寝ている時は本を読んだり、
  リハビリになるようにと言葉を交わしたり・・・(理解はできますが 自分の言葉は発せません)
  指折、指相撲を楽しんだりし『今日は〇〇が出来るようになってイイね、出来るようになったね』と
  1日1つの進歩を探しています。
  先生のご活躍はメルマガなどで学ばせていただいています。
  本当にありがとうございました。
  また どこかの講演会を聞く機会がありますように。 
  ひとまず 御礼申し上げ 遅ればせの皆さんの感想を届けさせていただきました。

                           浅井 たみえ  


皆様、心温まるご感想、どうもありがとうございました。 中井俊已

han0197-049_m.jpg
19:00  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |