FC2ブログ
2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.18 (Sun)

『ぽっと心に明かりがともる28の物語』発行

『ぽっと心に明かりがともる28の物語』が発行されました!

この本は、大人から小学生高学年までを対象として短い物語を集めた本です。
忙しくて本を読む時間がないという方にも、興味のある話から自由に無理なく読んでいただけます。

その結果、読んだ人の心に、幸せをもたらす何か良いものが残るでしょう。
私はそれを「心の糧」と言っています。

物語が人に元気や勇気を与えるということを強く感じたのは、私が小学校・中学校で教えているときです。
私自身、本を読んで、また人から話をお聞きして、どれだけ力づけられてきたか知れません。

教師をやめ、メルマガ「心の糧・きっとよくなる!いい言葉」を毎週2回は発行して、10年になります。
この本はその10年の間に生まれた1000号のメルマガから28の物語を選んで、加筆修正したものです。

これまでに他の本で紹介したものも含んでいますが、いくつか新作もあります。

小学生高学年でも読めるように難しい漢字にはふりがなつきで、
字が大きいので、ご老人にも読みやすいかと思います。

さて、本書には次のような活用法があるかと思います。 

1 一気に読んで心を癒す。

2 ちょっと疲れたときに開いて元気になる。

3 友達や同僚との会話のネタに使う。

4 子どもに読んで聞かせる。

5 朝礼や講話の話材に使う。

6 元気がなさそうな人にそっと手渡す。

7 大切な人へのプレゼントにする。


ぜひ忙しいときにこそ、読んでいただければと願っています。

「忙」は、「心」を「亡くす」と書きます。

そうなりそうなときに、そうならないように。
一つの物語や一つの言葉が、読んだ人の心に残り、
その人の明るい未来を拓いていく糧になればと願っています。

ぽっと心に明かりがともる28の物語ぽっと心に明かりがともる28の物語
(2014/11/29)
中井俊已

詳細を見る
スポンサーサイト
11:10  |  本の紹介  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。