FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018'11.25 (Sun)

講演「笑顔がもたらす親子の絆」

11月8日(木)、東京都世田谷区立八幡中学校で教育講演会をさせていただきました。 

テーマ:「笑顔がもたらす親子の絆」

役員の方が、そのご感想(アンケート回答)を送ってくださいました。
ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・先生のお話、「手を離せ、目を離すな」にとても感銘を受けました。
毎日の生活の中で、ちょっとした一言が幸福感を生み、子どもを成長させていくのだなととても参考になりました。
たくさんのヒントになるお話をありがとうございました。


・とても良い時間を過ごせました。
是非、今日から実践していきたいです。
読み聞かせの絵本もとても良かったです。


・言葉の大切さに気付かされました。
まず自分からいい言葉をいっぱい発していこうと思いました。
子どもにも大好きだよ、っと伝えたいと思いました。

・前向き(できる、やろう)、肯定的(いいね、そうだね)、感謝する心(ありがとう)…反抗期の子供と共にお互いに心がけるようにしていきたいと思いました。


・「続けて欲しいことは褒める。」この言葉は目から鱗、驚きでしたが、とても納得できるものでした。今日から子供を信じて、続けて欲しいことは褒める。を実践していきたいと思います。


・「自分の言葉の影響を一番受けるのは自分自身」だというお話、とても興味深く拝聴しました。
その上で、幸せになる口ぐせ、というのも具体的に教えていただき、こんな単純な言葉でいいのか!(いいね、そうだね、なるほど、幸せ、ラッキー、おいしい、楽しい、嬉しいなどなど)と思いました。

帰ってから試しにその日の会話の中でそれらの言葉を何回口にしているか、子供と互いにカウントし合ってみたところ、親の私よりも子供の方が自然に幸せな口ぐせをたくさん言っていたのも楽しい発見となりました。

「バカかあちゃん」の作文もとても良かったです。
よその家庭と比べるのではなく、子供が「将来私もこんな家族を作りたい」と思ってくれるような家庭を目指して、母親である私が笑顔でいられるよう、まずは自分が発する言葉から、意識していきたいと思います。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

八幡中学校の皆様、大変熱心に聴いてくださり、
また、すぐに実践してくださり、
どうもありがとうございました。

imagesCABF68CZ.jpg


15:40  |  お知らせ  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.14 (Wed)

絵本『もうひとりのはかせ』発行!

クリスマス劇でおなじみの名作が、待望の絵本になりました! http://www.t-nakai.com/hakase.html

救い主に捧げるため、自分の全財産を売って、三つの宝石を用意したアルタバン。

でも三人の博士たちに遅れてしまった彼は、ひとりで救い主を尋ね求めて、
33年間も放浪の旅を続けます。

途中で、困っている人たちのために大事な宝石を使ってしまい、
残りはたったひとつ。

老いたアルタバンは、とうとうエルサレムにたどり着いたのですが......。

アメリカの牧師ヘンリー・ヴァン・ダイクが、
マタイ福音書25章31節以下のメッセージをみごとな物語に形作った
名作『もう一人の博士』を絵本にしたいと願ってきました。

物語と大事なメッセージを幼児にもわかるような言葉で表し、
おむらまりこさんが幻想的な美しい絵を描いてくださり出来上がりました。

この物語は、年齢に応じて小・中・高校生にも、
大人にも深く感じ入るものがあると考えています。

宗派を問わず、どうか多くの方に読んでいただきたいと願っています。

hakase.jpg
詳しくはこちらをどうぞ
http://www.t-nakai.com/hakase.html
08:14  |  本の紹介  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |