2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.25 (Fri)

感謝すれば分かってくる

**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                       07.1.25  Vol.279   
**********************************************************************

こんにちは! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

感謝すれば分かってくる

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼金曜日は、あなたがラッキーでハッピーになる小さな習慣をお届けします。

それは、先週に引き続き、「感謝すること」です。


▼先週の【心の糧】「感謝すればハッピーになる」に対して、
 いくつかお便りがありました。

 そのうち、皆様に2つ、ご紹介したいと思いました。

 長いので、できれば時間があるときに一人静かにお読みください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中井先生

 このブログを紹介されたのは海外にいるブログ仲間の友人からでした。

 私は現在42歳、3人の子供をもちながら医学部にかよう学生でもあります。

 医学部は勉強も人間関係もとても厳しく、
 心を鬼にして、人のことを無視するくらいの
 精神をもっていなければだめなのかと最近感じるようになりました。

 そのきっかけは、昨年私が2年生だったとき、
 妊娠しながら、決して怠けず全力で勉強をしていたときのことです。

 大学の意向もあったと思うのですが
 最後の試験で、少しみんなより成績が悪いという
 理由で追試もなく留年してしまいました。

 妊娠8ヶ月のときです。
 お腹を抱えながら、その事実がなかなか飲み込めず
 みんなの白い目に笑いながら耐え大学に通いました。

 留年した、それはこの世界の中ではとても
 大きな失敗だったかもしれません。

 しかし、大きかったのは留年したことがきっかけで
 友人から無視されるようになったことです。

 親しくしていた大学の先生の態度が一変したのも、驚きでした。

 しかしながら、私は先生のお言葉のように

 今ある家族、
 今ある日常に心から感謝し、

 そして、患者さんのために
 少しでも今知識を身につけ
 努力を惜しまないこと

 愚痴なんていってられない
 ただただ感謝することだと思うようになりました。

 ありがとうございます。
 ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼「いい医者になるには、浪人したり、留年したり、
  多少挫折を経験していた方がいいんですよ」

 と、あるお医者さんがおっしゃっていたのをふと思い出しました。

 聖路加病院の日野原重明先生も、医学部1年生のとき、
 当時「死病」と恐れられていた結核のため半年間入院し、
 1年間休学せねばならなかったそうです。

 いつも死を間近に感じていた日々、
 このときの辛い苦しい闘病生活が、

 「後に医者として患者さんと向き合ったときに、
  どれだけ助けになったかわからない」

 と、日野原重明先生は後におっしゃっています。

 

▼お便りをくださった方は、母親としての仕事もしながら、
 新しい命をお腹に宿しながら勉強を続けてきた人です。

 辛いことが、たくさんあったと思います。

 でも、「決して怠けず全力で・・・」

 勉強してこられました。

 誰にでもできることではありません。
 とても立派なことだと思います。


▼しかも、この方は、

 「今ある家族、
  今ある日常に心から感謝し、

  そして、患者さんのために
  少しでも今知識を身につけ
  努力を惜しまない」

 とおっしゃっています。


▼私は、すごいなと思います。

 きっとこの方は患者さんの心の痛みのわかる
 良いお医者さんになれると思います。
 
 そのためにこの方は、これからも
 どんなことでも乗り越えていかれるでしょう。

 ご家族やまわりの人のおかげで
 多くのことに感謝しながら・・・

 お便りを拝見してそんな気がするのです。



▼もう一人、ご紹介します。

 この方は、病気のため体の自由がきかなくなり、
 パソコンで文字を打つのにも困難がある方です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 有り難う御座います。

 今号の『感謝すればハッピーになる』有り難う御座います。

 今生かされている自分を見つめています。

 家族を含め、多くの私の周りに居て下さる人々。
守られ、愛され、数え切れない、数々の恩。

今号を何度も何度も読み返し。溢れる涙が止められず、
不満を、それでも隠せない自分が情けなく、

 只、反省を少しでもさせて下さった、
 今回のマガジン、もう少し読んでみます。

 先生、有り難う御座いました。

                奈良市 K

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼「今生かされている自分」というものを、
 
 私も静かに考えてみました。



▼そうです。

 私たちは今、生かされています。

 決して自分ひとりで生まれてきたわけでなく、
 
 決して自分ひとりで生きてこれたわけでもありません。

 そして、これからも命を保つ糧を与えつづけられねば、
 生きていくことはできません。

 確かに私たちは、生かされています。

 自分の意志で生きているのと同時に、
 生かされているからこそ、
 今ここに私たちは存在できるのです。


▼こうして「生かされている」私たちは、
 
 生きているだけで価値ある存在です。

 ただ居るだけで、
 
 誰かのためになりうる存在です。


▼「生かされている」私たちは、

 生かしてくださっている方に愛されているのです。

 誰かに愛されているからこそ、

 今、ここにいられるのです。


▼それを頭ではなく、心で分かるために最もよい方法は、

 やはり感謝することだと思います。

 お便りをくださった方が、

 「家族を含め、多くの私の周りに居て下さる人々。
 守られ、愛され、数え切れない、数々の恩」

 に感謝することで気づかれたように・・・


▼私たちは、感謝することで

 気づくものです。

 「ありがとうございます」

 感謝すればするほど、多くのことに気づきます。

 
▼(こんな自分のために)

 「本当にありがとうございます」

 感謝すればするほど、
 
 どれだけ愛されてきたか、分かってきます。


▼(こんな自分のために)

 「本当にありがとうございます」

 感謝すればするほど、
 
 どれだけ愛されているか、感じられます。




★ あなたが幸運になれるヒント ★

  感謝しよう。 
       
      感謝すれば自分が大切な存在だと分かる。 (^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●お便りをご紹介させていただいた方、ありがとうございました。

 きっと、どなたかのお役に立つと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照:日野原重明著『わたしの幸福論』(大和書房)

私の幸福論―「しあわせ」を感じる生き方私の幸福論―「しあわせ」を感じる生き方
(2005/10)
日野原 重明

詳細を見る
07:00  |  「心の糧・・・」  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。