FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008'03.17 (Mon)

中谷彰宏さんから聞いた「命のレンタル料の話」

**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                       08.3.17  Vol.294   
**********************************************************************

こんにちは! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中谷彰宏さんから聞いた「命のレンタル料の話」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



▼超人気作家の中谷彰宏さんのご本は、
 これまでたくさん読ませていただきました。

 中谷さんの本は、読みやすいし、面白いし、
 元気になれます。

 わたしは中谷さんの本を読んでいなければ、
 本を書くことはなかったかもしれません。

 中谷さんの本を読んでいると、
 自分にも一冊くらい書けそうに思えてきました。

 で、書いてみたら書けたのです。



▼中谷さんは、ものすごいスピードで書かれます。

 いま年間、50冊~60冊くらいのハイペースで
 出版されているのではないでしょうか。

 たぶんこれまでに、計850冊くらい本を出版されていると思います。

 これだけ書いているのに、
 書きたいことはいくらでもあるそうです。

 簡単に書いてあるのに、内容は深い。

 達人です。



▼そんな中谷さんでも、20代の頃は、どん底だったそうです。

 サラリーマンをしながら、ひたすらボツ原稿を書いていた時期です。

 最初の本が出版されたのは、30歳の誕生日の前日でした。

 それまでは、書いても書いてもボツの山。

 その最初の1冊目も、編集長から4回の書き直しを言われたのです。

 当時はワープロ原稿でなく、すべて手書きです。

 それを4回書き直しの清書をさせられました。

 結局、最初の原稿が一番いいということで、
 最初の原稿が本になったのです。

 人生においてこういう時期は必要なのでしょう。

 ひたすらボツ原稿を書いていた時期があり、
 それを乗りこえたから、いまの中谷さんがあるのです。



▼昨年、中谷彰宏さんの講演を聴くことができました。

 とてもよかったです。

 テーマは、『人生の素晴らしさに気づく』



▼その中のひとつのお話です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 人生はゲタである。
 
 ゲタは木の幹の、北側の部分を使って作る。
 
 北側は、太陽が当たらない分、年輪の幅が狭い。
 
 年輪の幅が狭い分だけ、強い。
 
 人も、陽の当たらない時期に、強くなる。
 
 だから、人生の北側に、感謝しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼「人生はゲタである」

 「人生の北側」

 中谷さんは、こういうキャッチコピーがうまい。

 ところで、あなたは、いま人生のどちら側でしょうか。
 
 もし、陽の当たらない「人生の北側」にいるのなら、
 まさにいま、どんどん強くなっているのです。

 そういう時期が過ごせたことを、
 あとで感謝できるほどに強くなるのです。

 

▼もうひとつのお話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 本当にやりたいことは、「どん底」まで行ったとき、見つかる。
 
 どん底にいる人は、詩人になる。
 
 だから、どん底にいる人は、

 何気ないけれど、

 人生を変える、素晴らしい言葉にめぐり合う。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



▼必死に生きている人は、
 すごい感性をもっています。

 何気ない言葉にも、鋭く反応できます。

 豊かにその意味を味わえます。

 ですから、
 
 人生を変える、素晴らしい言葉にどんどん出合えるのです。



▼では、最後に、『人生の素晴らしさに気づく』というテーマで
 
 中谷さんが最初にされたお話をご紹介しましょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 わたしたちは、命を神様からレンタルしている。

そのレンタル料は、お金では支払えない。

 命のレンタル料は、人を幸せにすることで支払える。
 
 世界中の人を助けなくてもいい。

 誰か1人でも幸せにすればいい。
 
 そうすれば、レンタル料を払ったことになる。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼この考え方は面白いです。

 こんなふうに考えている人は、
 自分の命を決してムダにしないでしょう。

 自分の幸せだけでなく、
 人の幸せを願って生きていけるでしょう。



▼わたしが思うに、

「命のレンタル料」は、
 もちろん自分自身の幸せでも支払えます。

 でも、もっと価値ある「命のレンタル料」は、
 人を幸せにすることなのです。

 


★ あなたが幸運になれるヒント ★

  まわりの人を、幸せにしてあげよう。

         今日できる小さなことでいいから・・・ (^.^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらにも中谷彰宏さんの言葉を10個だけですがご紹介しています。
http://okuru.blog84.fc2.com/blog-category-23.html

sak0068-013_m.jpg


09:00  |  「心の糧・・・」  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No title

v-252ご無沙汰しております。
私も中谷彰宏さんの本をよく読みます。
「贈る言葉・名言名句・いい言葉」のほうも
私のブログのFAVORITESに登録させて
いただいてよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。
美生 | 2008年03月17日(月) 11:38 | URL | コメント編集

★No title

OKです。
ありがとうございます。
中井 | 2008年03月18日(火) 18:40 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |