FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008'06.13 (Fri)

講演会で質問をする

**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                       08.6.13  Vol.319
   
**********************************************************************

こんにちは! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

講演会で質問をする

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



▼先日の講演「幸せに気づく」を主催された方からお便りが届きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こんばんは!

 あれからゆっくりと、たくさん寄せられたアンケートの数々を読み、
 
 中井さんのお話をお聴きになった方それぞれが自分なりに何かを感じ、
 気づき、豊かな時間を過ごしていただいたことがわかり、
 また涙が出てしまいました。

 先日の大きな事件ではないですが、精神的に追い詰められる人が
 多い中で少しでも暖かな気持ちを持っていただけたなら、
 今回の講演会を企画したものの1人として幸せです。

 私自身メルマガの大ファンでいつも元気をいただいていました。
 
 前にも日めくりカレンダーを送っていただく時に心を病んだ家族と
 一緒に日めくりをしながらおしゃべりできたらというような
 お手紙を差し上げたかと思います。

 うつで1年半苦しんでいた夫は周りのたくさんの方の応援をいただいて
 6月の初めに会社復帰しました。

 お陰さまで講演会にも参加することができました。

 まだ、いろいろ心配なことはあり、めげることもたびたびですが、
 これからも朝一番の 中井さんのメルマガや周りの人の支えで
 切り抜けていけると信じています。

 これからもどうぞお元気で私達に生きている素晴らしさを
 伝えつづけてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・


▼この方のように講演を企画することは、大変なエネルギーを要するので、
 誰にもできることではありません。

 でも、講演に参加するのは時間が許せばそう難しいことではありません。

 そして、さらに1歩進んで、講演後に講師に質問をするのは、
 しようと思えばできそうなことではないでしょうか。



▼講演後の質問は何が飛び出してくるか、
 まったくわかりません。

 講師は臨機応変に受け答えせねばなりません。
 
 講師にとっては冷や汗ものですが、
 後で質問があった方が、講演会としてはより良いになると思います。

 そして、その質問は、案外、他の人のためにもなるということを
 以下にお伝えしたいと思います。



▼実は、上記のお便りに添付してあり、
 講演会のアンケートが全部PDFで届きました。

 そのアンケートを拝見して驚いたことがあったのです。

 それは、講演の後の質疑応答を話題にしているご感想が
 結構あったことです。



▼今回は、特に、一番前の席の座っておられた「5歳の娘のパパ」が
 
 (今回のテーマ「幸せに気づく」に鑑みて)

 「子どもが幸せに気づく(幸せを感じる)ために、
  親としてどのようにしたらよいでしょうか」

 という質問をされたときの私の答えが印象的だったようです。



▼短くまとめると、私は次のように答えました。

 「子どもの方が大人よりも身近な幸せを感じやすいものです。
  
  ただ、子どもにもっと深いところで、
  もっと長く幸せを味わい感じ取ってもらうためには、
  両親の夫婦仲がよいことが大切です。
  
  両親の夫婦仲がよいことは、
  子どもにとって、言葉では言い表せないほどの幸せです」



▼これに関して、別の方がアンケートにこのように書かれていました。

 「今日は、ありがとうございました。

  幸せに気づくという言葉が気になり、仕事を急きょ早くあがり、
  駆けつけました。

  最初の質問への答えが胸にしみました。
  
夫婦仲良くは、まさに私の心がけていること!

  やはり子どもに与えてあげられるのはこのことだと思います。
  本当にありがとうございます」



▼講演会で質問をすることはいいことです。

 皆さんの前で質問をするのですから、
 ちょっと勇気が要るかもしれません。
 
 恥ずかしいかもしれません。

 でも、その質問が他の人にとっても知りたいことであれば、
 自分だけでなく、他の方のためにもなるのです。



▼ちなみにこの講演では、他にも、次のような「●ご質問」があり、
 次のように「■お答え」しました。

 ご参考までに、短くまとめておきます。


 ●気分が落ち込んでいるようなときは、
  人を幸せにしたいという気持ちが萎えてしまいます。
  そういうときは、どうすればいいでしょうか。


 ■気分が落ち込むことは誰にでもあることだと思います。
 
  そんなとき、1つ、どなたにでもお勧めできるのは、
  元気がでるような本をたくさん読むことです。

  (お腹が減れば元気がなくります。本を読んで栄養をつけてください)
 
  もう1つ、私の場合は毎日お祈りをして、神様と対話しています。
  それで、神様から元気をいただいています。

  (神様は超一流のカウンセラーです。
   いつでもどこでも相談に乗ってくれて、しかもお金はいりません)



 ●私もお祈りをしようと思うのですが、
  やる気になれないときがあります。
  どうすればいいのですか。


 ■私の場合、仕事でも勉強でも、やる気になれないときは、
  無理やり始めることにしています。

  何事も、始めるのは難しく、エネルギーもたくさん要ります。
  でも、始めてしまえば、あとは楽です。

  ともかく始める!

  無理やり始めるために、決めた時間がきたら、
  
  場所を移動する。
  本を開く。
  読み始める。
  言葉を発する、など・・・

  ともかく行動するのです!

  (やる気はあとから、じわじわと盛り上がってきます。)



★ あなたが幸運になれるヒント ★

  できれば講演会では質問をしてみましょう。

           せっかくのチャンスですから・・・(^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆びっくり!

 この心の糧の愛読者でもある「毎日新聞」移動支局の市民記者、
 坂本操子さんが講演会の様子や内容を記事を書いてくださいました。
 
 ★こちらです。 http://tinyurl.com/56eodm
 
 とても良くご紹介してある記事だと思います。
 坂本さん、どうもありがとうございます。
 
han0008-003_m.jpg
07:00  |  「心の糧・・・」  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |