FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008'08.25 (Mon)

意味のない仕事はない

**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                      08.8.25  Vol.340
   
**********************************************************************

こんにちは! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

意味のない仕事はない

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



▼「何のために働くのか?」

 とは、誰もが考えざるを得ない問いです。

 「何のために働くのか?」

 という問いを前向きに考えるために、今日は1冊の本をご紹介します。



▼福島正伸著『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』です。

 福島さんは、人材育成や組織活性化や新規事業立ち上げ、
 地域活性化支援の専門家です。

 世の中で輝いて仕事をしている多くの人に出会い、
 こういうふうにおっしゃています。


 「つまらない仕事はありません。
  仕事をつまらなくする考えがあるだけです。

  意味のない仕事はありません。
  意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。」



▼それをわかりやすく説くために、この本では
 題名のとおり3つ話が紹介されています。


 第一話 人であふれた駐車場

     ある駐車場の誰からも愛された管理人さんの話


 第二話 日本一のタクシー会社

     日本一をめざすタクシー運転手さんの話


 第三話 警察で講師をつとめるペンキ屋

     人を感動させる最高の仕事だと気づいたペンキ屋さんの話


 どれも感動的ないい話です。



▼これらの話に出てくる主人公たちは、
 著者の福島さんが出会った実際の人物です。

 他にも共通点があります。

 それは、彼らが自分の仕事に誇りともち、
 自分の仕事を誠意をこめて果たしているということ。

 そして、自分の仕事を通して、
 他の人に喜びを与えているということです。

 

▼私も、これらの話を読んでひとりの人を思い出しました。

 以前勤めていた学校のスクールバスの運転手Nさんです。

 バスの運転手という仕事は、たくさんの命を預かっています。

 事故をおこせば、大変です。

 時間にも遅れるわけにはいきません。

 それに子どもだけ乗るバスというのは、
 一般の路線バスの何倍も騒々しいのが普通です。

 些細なことでケンカをして泣いたり、
 降りるべきバス停が来ても寝過ごしてしまったりする子もいます。

 普通なら、疲れて神経が参っても仕方ないでしょう。

 そんな仕事を早朝と夕方、毎日毎日・・・。



▼しかし、Nさんはいつもニコニコしていました。

 「おい、〇〇ちゃん、今日、水筒忘れよったろうが。
  今日は、忘れんようにせんば」

 「はい、Nさん、ありがとう」

 そんなふうに子どもに声をかけます。
 「〇〇ちゃん、今日は、水曜日やっけん、
  お母さんが車で迎えに来る日じゃなかとね?」

 「今日は、お母さん、来れんと。
  バスで帰りなさいって言われとっとよ」
  
 バスに乗る子どもの名前は全部覚えているし、誰がどこでおりるか、
 特定の曜日には乗らないという情報までも頭に入っていました。



▼それは彼がバスを運転する仕事が好きだったのかもしれません。

 きっとそうでしょう。

 しかし、それだけではないのです。



▼Nさんがバスを運転しない時間は、他の仕事がありました。

 校舎の修理。校庭の木の伐採・草抜き。(便所)掃除など。

 時間的には、そちらの方が仕事が多いのです。

 そういう仕事の間も、Nさんの表情は、いつも朗らかでした。



▼それは、Nさん自身の内面が、
 そのまま表情に表れていたように思います。

 どんな仕事であっても、
 Nさんは、
 
 自分の仕事に誇りともち、
 自分の仕事を誠意をこめて果たしていたからだと思います。

 そして、自分の仕事を通して、
 他の人に喜びを与えていたからだと思います。



▼どんな小さな仕事にも価値があります。

 それは積もり積もって大きな価値につながっています。

 でも、小さな1つの仕事だけでも価値があるのです。


 どんな小さな仕事も、人の喜びになります。

 それは積もり積もって大きな喜びにつながっています。

 でも、小さな1つの仕事だけでも、人を喜ばせられるのです。



▼それをよく知っている人は、

 どんな職種の人であっても、

 自分の仕事に誇りをもち、
 
 自分の仕事を誠意をこめて果たすことができるのだと思います。




★ あなたが幸運になれるヒント ★

  仕事の意味を考えよう。
      
           きっと深い意味がある。  (^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:福島正伸著『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』
http://tinyurl.com/3vczmo

  とても感動的ないいお話が紹介されていますよ。

  自分の仕事を通して、まだまだできることがあると
  気づかせていただけます。

どんな仕事も楽しくなる3つの物語どんな仕事も楽しくなる3つの物語
(2008/03/28)
福島 正伸

詳細を見る
07:00  |  「心の糧・・・」  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして。
わたしも先日、この本を読み、とても感動しました。
意味のない仕事なんてないんだなぁ、と。

素敵な本にめぐりあえたことに感謝です。
サイト内のブログ「ヒビノキロク」でブックレビューを書いています。
Loco | 2008年08月26日(火) 02:13 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |