FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008'10.03 (Fri)

苦境や困難は最高の教科書

**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
08.10.03  Vol.351

**********************************************************************


こんにちは! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

苦境や困難は最高の教科書

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



▼『「運がよくなる」おはなし』という本を読みました。

 これは、1900年代の初め著者によってされた講演録です。

 「苦境や困難が私たちの最高の教科書であり学びの場である」

 と説く、その伝説の講演録は、
 アメリカでベストセラーになったそうです。



▼1つのエピソード・・・

 あるとき、講演のあとに
 車椅子の障害者の女性が著者に語りました。

 「先生のお話はとてもよくわかりました。
  わたしは生まれてからほとんど痛みを闘ってきました。

  でも、わたしが知っていることは何もかも、
  この車椅子に座って学んだことなんです。

  忍耐や思いやり、人を愛する気持ちや
  勇気をもって生きることを学びました」

 まわりにいた人はみな、この女性が心が優しく、
 誰よりも愛されているのだと言っていたそうです。



▼このような例は、私たち自身にもあてはまると思います。

 苦境や困難があるからこそ、私たちは成長できます。
 
 壁にぶつかったときにこそ、自分の力を伸ばすことができます。

 逆境から何かを学び、成功が訪れます。

 要は、その受けとめ方です。

 苦境や困難を不運だと思わずに、
 むしろこれからよくなるためのチャンスだと考えるのです。



▼ベートベンは、後世に残る名曲を作る前に聴覚を失いました。

 聴覚を失ったことで音楽をあきらめていれば
 歴史に名を残す偉大な音楽家にはなっていなかったでしょう。


聖パウロは、キリスト信者を迫害するさなかに
 馬から落馬し、地に倒れ、失明しなければなりませんでした。

 それがきっかけとなり、真理に出会い、自分の使命を知り、
 偉大なる使徒となりました。



▼このように苦境や困難に負けず、
 自分を磨き、成長できる人は、いずれ成功します。

 そういう人は、苦境や困難を恐れません。

 むしろ苦境や困難を飛躍へのチャンスだと考えます。
 
 「運がよくなる」人は、そういう心構えをもっているのです。



▼私たちも、自分の心構え次第で、
 
 嫌なこと、苦しいことがあっても
 何かを学び、幸せの種を見つけることができるでしょう。

 その種を育てることができるでしょう。

 そして、自分も人も幸福にできる力を
 成長させることができるようになるのです。




★ あなたが幸運になれるヒント ★

 苦境や困難から学ぼう。


   人生にとって大切な「忍耐、思いやり、愛、勇気」など (^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:ラルフ・パーレット著『「運がよくなる」おはなし』

「運がよくなる」おはなし「運がよくなる」おはなし
(2005/06/11)
ラルフ・パーレット

詳細を見る
07:00  |  「心の糧・・・」  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |