2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.21 (Mon)

心の翼を広げていこう

あなたの夢を応援するメルマガ
**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉 
  2009.9.21 Vol.472
作家 中井俊已
  http://www.t-nakai.com
********************************************************************** 


「心の糧」をご覧くださってありがとうございます。

このメルマガでは、中井俊已が、本から学んだり人から教えていただいた
「いい言葉・いい習慣・いい話」などを提供していきたいと思っています。

あなたの夢と人生を応援できますように・・・

あなたの強く優しく豊かな「心の糧」となりますように・・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日の話】 
───────────────────────────────────

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

心の翼を広げていこう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼9月11日、東京、青藍学院主催の講演『心の根っこ、心の翼を育てる』
の感想文を送っていただき拝見しました。

たくさんの方が書いてくださっていたので、びっくりしました。

その一枚一枚を拝見しながら、
お話をさせていただけてよかったなあと改めて思いました。

 本当にありがとうございます。



▼その中で、1つ、一番長く(裏表2枚にギッシリ!)書いてくれた
 小6の女の子の感想をご紹介します。

 小学生なのに、すごくしっかりしているなあ、
 それに引きかえ、うちの子は・・・なんて思わないでくださいね。

 この子は、特別に優秀な子だと思います。

ちなみに、私は小学生の時はもちろん、中学生の時でさえ、
 こんなにきちんとした作文は書けませんでした。

 (★は私のコメントです)

 では、どうぞ・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あるとき塾長から、中井さんの講演会があると聞きました。
題名が「心の根っこ、心の翼を育てる」ということで、
「心の根っこ、心の翼」って何だろうと思い、興味を持ちました。


今日、その講演会がありました。
私は学校での移動教室という二泊三日の行事から帰ってきたばかりで、
体がつかれていましたが、話を聞いているうちに、
つかれを忘れて聞き入ってしまいました。
 

話の中で、心に強く残った話が二つありますが、
これが題名に通じる事だと思いました。

 
一つ目は「おこだでませんように」です。

(★これは、絵本の読み聞かせです。
  この絵本を読むと、私も涙が出そうになりますし、
  会場のお母さんたちも涙をふいている方が何人もいらっしゃいました)


小学校低学年の男の子が、七夕の願いとして
お母さんや先生におこられることがなくなるようにと書きました。

普通は「おこられませんように」だけど、
「おこだでませんように」と言うところが、かわいらしくて、
また、その子のさみしさが伝わってきました。


私は、その男の子の気持ちがよくわかります。
その男の子は、お母さんや先生に、甘えたり、
ほめてもらったりしたかったんだと思います。

でも、お母さんや先生は、仕事がいそがしく、
男の子の気持ちが分かりません。
 

私のお母さんも、仕事がいそがしく、いつも私に注意するばかりです。
またそれも、友達と比べて注意することが多くて、
めったにほめたりしてくれません。
 

でも、ラッキーなことがあります。
それはお母さんが、中井先生のお話を一緒に聞いてくれたことです。

お母さんも、先生の話がよく分かったようで、
これからは何か私ががんばると、ほめてもらえそうです。

(★よかったですね。
  君も、私の話を本当に一生懸命聞いてくれました。
  そして、こんなにしっかりした感想文を書きました。
  すごいと思います。)
 

二つ目は、「こじきの天使」のお話です。

普通、天使というと白で、キレイなイメージですが、
お話の中の天使は、汚れたイメージがしました。
 
でも、くつ屋さんとその天使との会話の中で、人は外見だけでなく、
中身が大切なんだと思いました。
 

また、今は「お金がほしい」と思う人がたくさんいるけど、
本当に大切なのは、人が生まれつき持っているものなのだと分かりました。


(★自分の持っているものには、お金に代えられない大切なものがある。
  不平不満を言う前に、いま持っているもの、もらっているものに
  感謝しようというお話でしたね。)


最後に、中井先生に教えていただき、メモしたことを書きます。
 
それは「夢を叶える方法」で、4つあります。

1つ目は、夢を持つこと。
2つ目は、夢を毎日思い出すこと。
3つ目は、今日やるべきことをすること。
4つ目は、夢をあきらめないこと。
 

私は今、中学校を受験するためにがんばっていますが、
毎日やるべきことをやり、第一に志望校に受かるという夢に向かって
心の翼を広げていこうと思います。
                      

(★こんなに人の話がよく聞けて、自分で考えて、
  きちんとした文章が書けるのだから、きっと合格できます!)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼もう一つ、小5のお母さんの感想をご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本日は、わざわざお越し下さりありがとうございました。
 こんなに、講演会の終了時間を残念に感じたことはありません。
 
 心にしみ入る言葉で、笑顔でお話くださる先生を、
 ずっと拝聴していたいと思いました。
 
「ほめて育てる」・・・なかなか実践できず、苦しい毎日ですが、
 子どもと共に成長したいと思います。                  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(★最後の文章のようなことを書かれているお母さんやお父さんが
  多くいらしたのがうれしかったです)


▼人をほめるのは、愛情の表れです。
 少なくとも、子どもはそう受け取ります。

 大人は子どもをほめながら、
 自分の心を広げていくことができます。



▼私たちは、体だけでなく、
 心という素晴らしい宝物をもらっています。

 その宝物を育てていきたい。

 夢や希望に向かって羽ばたいていく翼を育てていきたい。

 悲しみや苦しみに負けない強い根っこを育てていきたい。

 私も皆さんと共に成長していきたい。

 そう思っています。




★ 今日の話から学べる幸運のヒント★

  夢や希望に向かって羽ばたこう。

              心の翼を広げて・・・   (^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【関連書】絵本『おこだでませんように』

小学1年生の視点に立って、
大人に子どもを認め、ほめることの大切さを伝える傑作です!

おこだでませんようにおこだでませんように
(2008/06)
くすのき しげのり

詳細を見る



00:10  |  「心の糧・・・」  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。