FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007'03.16 (Fri)

捨てることで新しいものが生み出せる 


**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                       06.3.15  Vol.193    
**********************************************************************

読んでくれてありがとう! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                           
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

捨てることで新しいものが生み出せる 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 
 新しく何かを始めたい、
 
 新しい自分に生まれ変わりたい、という人のために・・・
 


▼樋口広太郎さんの話をします。

 樋口広太郎さんは、アサヒビールを立て直した人です。
 
 樋口さんは、同系列の住友銀行副頭取から、
 当時業績が落ち込み夕日ビールとまで揶揄された
 アサヒビール株式会社の社長になりました。
 


▼社長となる3ヵ月前、顧問に就任した樋口さんの
 やったことは前代未聞でした。
 
 日本全国の特約店、販売店を尋ね歩き、
 日ごろお世話になっている流通業者の意見を自分の耳で聞き回ったのです。
 
 交換した名刺は2ヵ月で、2500枚にものぼりました。
 
 流通業者のアサヒビールに対する指摘や意見は厳しいものでした。

 「アサヒビールは人気がない。人気がないから売れない。
  売れないから古くなる。古くなたビールはおいしくない。
  おいしくないから人気がない。まさに悪循環を繰り返している」
 
 この指摘を謙虚に受けとめた樋口さんは
 「お客さまには、おいしいビールしか飲んでいただかない」
 と決意します。
 


▼そこで、また前代未聞の思い切ったことを断行します。
 旧ラベルの古いビールを撤回してすべて捨てさせたのでした。
 
 日本全国、全部。
 恐らく数千万円の大損です。
 
 しかし、お客さまに古くて味の落ちたものを飲んでくださいと
 販売店に売らせている現状を樋口さんには、
 これはどう考えてもメーカーの独善としか思えませんでした。
 
 「お客さまに最も質のよいおいしいビールを飲んでいただく」
 
 この志を貫かねば、悪循環から抜け出ることはできない、
 そう考えたのです。
 


▼その後、その志から、
 業界ではまったく新しい味のアサヒスパードライを開発し、
 会社の業績は飛躍的に伸びていきます。
 
 それは、古いものを自腹を切ってでも捨てる、
 樋口さんの経営姿勢から生まれたのです。
 
 新しいことを始めるには、
 古いものを思いきって捨てなければなりません。

 中途半端では甘えが生じます。

 勇気をもって捨てることで、
 絶対にいいもの、新しいものを生み出そう
 というエネルギーが生まれてくるのです。



▼さて、さて、卒業、進学、退職、転職のシーズンです。

 新しく何かを始めたいという方もいらっしゃるでしょう。
 
 そのためには、思い切って
 古い何かと決別することも必要です。

 決別するのは、古い自分の習慣です。

 自分のよくない習慣をやめ、
 新しい自分を築き上げていくのです。



▼たとえば、次のようなこと

 ・自分の部屋の中に溜まってきた物を見直して、
  ほとんど使っていない物なら、捨てる!(人にあげる)


 ・自分のスケジュールを見直して、
  時間のムダになっているような習慣をやめる!
  
  (そのかわり、その時間に新しいことを始める)


 ・人を不愉快にさせる言動のクセはないか、チェックして、
  見つかれば以後、やめる!
  
  (そのかわり、逆に人に喜んでもらえる言動のクセをつける)
  

  古い自分の習慣(殻)を捨てることで、
  人は新しく生まれ変わることができます。



★ 今日のいい習慣から学べるヒント ★

  捨てることで新しくなる!
                         (^.^)

                  殻を破り、羽ばたこう!
  
----------------------------------------------------------------------

●いい詩●



    春
             安西冬衛

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った



▼この一行の詩を題材に、6時間くらいの授業をしたことがあります。

 すごく楽しかったです。


▼この詩では、「韃靼海峡」と「てふてふ」が対比されていますね。

 冷たい荒波の壮大なる「韃靼海峡」(ダッタンカイキョウ)と
 羽ばたくたった一匹の「てふてふ」(蝶)の
 イメージを思い描いてみてください。
 

▼授業の5時間目くらいに子どもたちに尋ねてみました。

「この蝶は、「韃靼海峡」を渡りきれるでしょうか?」と・・・。

 みなさんは、どう思いますか?

 自由に考えてみてください。


▼正解は、もちろん、ありません。

 でも私は、渡りきってほしいし、
 渡りきってみたいと思っています。 (^.^)


15:49  |  「心の糧・・・」  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyoumogenkide.blog83.fc2.com/tb.php/57-fde70733

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |