FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007'04.03 (Tue)

友達をつくる秘訣


**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                       07.4.2  Vol.198    
**********************************************************************

読んでくれてありがとう! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                           
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

友達をつくる秘訣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



▼4月です。

 入学、進学、クラス替え・・・

 入社、移動、転居など・・・

 たくさんの人との
 新しい出会いがあることでしょう。



▼そんな中で、
 
 いい友達をつくるには
 
 どうしたらよいのでしょうか?



▼では、ある方のアドバイスを聞いてみましょう。

 ビートたけしさんです。

 独特な言い方で面白いですよ。

 「なるほどー」と唸りました。


---------------------------------------------------------------------


    友達

困った時、助けてくれたり

自分の事のように心配して

相談に乗ってくれる

そんな友人が欲しい?





馬鹿野郎!!



友達が欲しかったら

困った時助けてやり

相談に乗り

心配してやる事だ


そして相手に何も期待しない事

それが友人を作る秘訣だ


         ビートたけし詩集『僕は馬鹿になった。』(祥伝社)

         
---------------------------------------------------------------------


▼人には与えたものが返ってくるものです。

 たとえば、全然知らない人でも山道で出会った時に、

 「こんにちは」ってあいさつすると、
 
 「こんにちは」って返してくれます。

 ちょっと頭を下げたら
 頭を下げてくれることが多いし、

 笑顔であいさつしたら、
 ふつうは笑顔であいさつしてくれるものです。



▼何かしてもらったら、同じようなことをしてあげたくなる。

 そんな習性を人間はもっているようです。

 ですから自分が誰かにしてほしいなと思うことがあれば、
 まずその人にしてあげればいいのですね。

 相手がお返しをしてくれなくても、
 喜んでくれれば、それでOK

 喜んでもらえれば
 きっと親しくなれます。



▼さて、あなたはどんな友達がほしいですか?

 やはり、困った時に助けてくれたり、
 相談に乗ってくれる友達ですか?

 悲しんでいるときはいっしょに悲しんでくれて、
 喜んでいるときにはいっしょに喜んでくれる友達ですか?


 それなら、あなた自身がそう振舞ってみればいいのです。 
 
 あなたの振る舞いに似た友達が、
 きっとあなたの前に現れますよ。



▼ちなみに、ビートたけしさんの詩は
 この一言に集約されるかもしれません。


 「友情は愛されるよりは愛することに存す」
  
                    by アリストテレス


  自分のために何もしてくれないと不満を言っても、
  友情は生まれません。

  友達のために、友達が望んでいることをしてあげると、
  そこに友情が生まれるのです。



★ 今日のいい言葉から学べるヒント ★

  相手にとって自分こそがいい友達になろう!
                       (^.^)

                 まわりのお友達をどうぞ大切に・・・


---------------------------------------------------------------------

●いい言葉●

「私は世界に二つの宝をもっている。
 私の友と私の魂と。」        by ロマン・ロラン

11:08  |  「心の糧・・・」  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★新しい職場に赴任しました

中井先生、こんにちは。
昨日から新しい場所で過ごしています。最初に感じたことは、遠くから「おはようございまーす」の声が響く学校だということです。先生のご講演会に参加した男の子のいとこですという女の子も早速あいさつにきてくれました。校長先生の方針は「協力と和」だそうです。私は自分の机に、先生の著書「聖書の名句」を飾りました。自分に与えられたこの場所で、自分にできる精一杯を笑顔で行っていきたいと思います。いつもいつも先生ありがとうございます。
aki nakagawa | 2007年04月03日(火) 12:07 | URL | コメント編集

先日、講演のときは大変お世話になりありがとうございました。
新しい学校で、また素晴らしい教育活動をされていかれるのでしょう。
お祈り申し上げます。
中井 | 2007年04月04日(水) 09:14 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyoumogenkide.blog83.fc2.com/tb.php/62-bc8b4b8b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |