2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.09 (Mon)

一言によって生きる力を与えられる


**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
                       07.7.9  Vol.226   
**********************************************************************

こんにちは! 作家 中井俊已です。 http://www.t-nakai.com/
このメルマガが、今日もガンバルあなたの「心の糧」となりますように・・。
                           
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一言によって生きる力を与えられる

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼作家、三浦綾子さんの『言葉の花束』(講談社文庫)
 という本がいま手元にあります。

 この本は、三浦さんのご著書からの「いい言葉」を集めたものです。

 前にもご紹介したことがあるかと思いますが、
 今日はその中から2つ、ご紹介します。



●「人間は弱い者である。
 
  たとえ幾多の才があっても、大きな意欲があっても、
 『ダメな奴』と言われればたちまちしぼんでしまう。
 
  逆に、才がなくても気力がなくても、
  相手の一言によって生きる力を与えられる」

               三浦綾子『忘れえぬ言葉』(小学館)


●「何十億の人に、かけがえのない存在だと言ってもらわなくてもいいのだ。
  それはたった一人からでいい。
  『あなたは、わたしにとって、なくてはならない存在なのだ』
  と言われたら、もうそれだけで喜んで生きていけるのではないだろうか。              
             『三浦綾子 文学アルバム』(主婦の友社)



三浦綾子さんは、日本が戦争に負けたことがきっかけで、
これまで教師として子どもたちに教えてきたことにむなしさを感じます。


そして、人も自分も信じられなくなり、自殺までしようとします。

しかし幼なじみの前川正さんのおかげで、
ようやく、信じられる存在に出会えます。

ところが、まもなく、最愛の人、前川さんは病死。

悲しみの底に突き落された綾子さんは、
肺結核とともにおこった脊椎カリエスのため、
ベッドの上でギブスにくるまれて身動きできず、
ただ泣くことしか許されないありさまでした。


1年後、生前の前川青年とそっくりの三浦光世さんが
不思議なことに彼女の病室に現れます。

「神様、この人のために自分の命を捧げてもかまいません。
 ですから、この人を治してください。」
と祈った三浦光世さん。

「あなたは、わたしにとって、なくてはならない存在なのだ」

というメッセージを綾子さんは、
前川さんや光世さんを通して神様からいただいたのです。


13年間の闘病生活を終え、綾子さんと光世さんは結ばれます。



▼わたしたちは本来、一人ひとりがなくてはならない存在です。

 この世に不要な人は、ひとりもいません。

 生きている人には、必ず、生かされている理由があるのです。

 使命があります。



▼三浦綾子さんの使命は、その後、
 人間の罪深さと神様の愛を伝えるために、
 小説を書くことだったのでしょう。

 「わたしたちが自分でどんなにダメに思えても、
  神様にとっては大切な子どもなのですよ」

 というメッセージを伝えることだったのかもしれません。



▼わたしたちにも、人生の使命があります。

 たぶん、わたしたちの最も貴く、価値ある使命は、

 「だれかを幸せにすること」

 今日、だれか一人でも幸せにできれば、
 
 今日、わたしたちは、
 十分に価値ある時間を過ごせたのではないかと思うのです。




★ あなたが幸運になれるヒント ★

  あなたは大切な人だと伝えよう。
                       
  
      言葉、または行ない、または笑顔で・・・ (^.^)


出典:三浦綾子『言葉の花束―愛といのちの792章』(講談社)
        http://tinyurl.com/3xavak

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それにしても、三浦綾子さんは
実に不思議な人生を歩まれた方でした。

彼女が自殺までしようしたどん底の生活のなかで、
どのように人生に光と希望を見出していったか、

ご興味のある方は、この本をおすすめします。

 三浦 綾子『道ありき 青春編』(新潮社)
      http://tinyurl.com/2th3tq


全盲のテノール歌手、新垣勉さんの言葉

「真実の出会い、心と心のぶつかり合いで人は変わり得る。
 そして、人間は、他者にもそういう出会いを提供する存在になろうと
 努力し続けることできると気づかせてくれたのが、
 この本、(『道ありき』)なんです」(2002年5月26日『読売新聞』)

12:05  |  「心の糧・・・」  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyoumogenkide.blog83.fc2.com/tb.php/97-c1e2a760

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。